豆知識:技術基準情報:標準試験条件

PSE改正情報PSE全般情報技術基準情報

Copy Right KOUKUSU Quality & Analysis All Right Reserved

はじめに

   技術基準に基づく試験は、極力再現性の高い試験でなければなりません。
   試験を行うときは、標準試験条件と試験毎の個別試験条件に従って実施する必要があります。

   ここでは、3つの規格毎に標準試験条件を説明します。対象機器をクリックすると移動します。
      家庭用機器 (IEC-J60335-1を適用する製品)
      情報機器  (IEC-J60950-1を適用する製品)
      
AV機器   (IEC-J60065を適用する製品)

家庭用機器の標準試験条件 (IEC-J60335-1)

試験環境に関するもの

  ・風の影響がない周囲温度は20±5℃で行うこと。(5.7項)
   温度に影響を受ける機器の場合、疑義があるときは周囲温度は23±2 ℃に保つこと。

  定格周波数を表示した交流専用機器は、表示周波数の交流で試験する。交直両用機器は不利となる方の電源で試験する
   定格周波数表示がない交流機器、“50-60Hz”の定格周波数範囲を表示した交流機器、“50/60Hz”の二つの定格周波数
   表示した交流機器は、50Hz又は60Hzのいずれか不利となる周波数で試験する。(5.8.1項)

  ・複数の定格電圧を持つ機器は、最も不利となる電圧で試験する。
   定格電圧範囲を表示したモータ駆動機器複合機器は、試験電圧が定格電圧にある係数を乗じた値に等しいことを
   規定する場合の試験電圧は次による。
      -係数が1を超える場合  :定格電圧範囲の上限値にこの係数を乗じた値
      -係数が1未満の場合   :定格電圧範囲の下限値にこの係数を乗じた値
      -係数を規定していない場合:定格電圧範囲内の最も不利となる電圧
   最も不利となる電圧を求めるために、定格電圧定格電圧範囲)の最小値、中間値及び最大値で幾つかの試験を行う必要が
   ある場合もある。定格電圧範囲を持つ電熱機器は、通常、その電圧範囲の上限値が最も不利な電圧となる。
(5.8.2項)

  ・定格入力範囲を表示した電熱機器複合機器は、試験時の入力が定格入力にある係数を乗じた値に等しいことを
   規定する場合の試験時の入力は次による。
      -係数が1を超える場合  :定格入力範囲の上限値にこの係数を乗じた値
      -係数が1未満の場合   :定格入力範囲の下限値にこの係数を乗じた値
      -係数を規定していない場合:試験時の入力は定格入力範囲内の最も不利な値とする(5.8.3項)。

  定格電圧範囲定格電圧範囲の中間値に相当する定格入力を表示した機器は、試験時の入力が定格入力にある係数を
   乗じた値に等しいことを規定する場合、試験時の入力は次による。
      -係数が1を超える場合  :定格電圧範囲の上限値に相当する算出した入力にこの係数を乗じた値
      -係数が1未満の場合   :定格電圧範囲の下限値に相当する算出した入力にこの係数を乗じた値
      -係数を規定していない場合:試験時の入力は、定格電圧範囲内の最も不利となる電圧における入力に相当する値と
                    する。(5.8.4項)

  ・複合機器電熱機器をある係数を乗じた入力で運転することを規定する場合、抵抗の正温度係数が小さい電熱素子に
   だけ、特に工夫なしにその運転を行う。
   PTC電熱素子以外の抵抗の正温度係数が比較的大きな電熱素子の場合、試験の電源電圧は、
     1)電熱素子が動作温度に達するまで、機器に定格電圧で電源を供給する
     2)電源電圧は、試験に要する入力となるのに必要な値まで急上昇させ、試験中、この値に保つ。
     *通常、定格電圧で、冷却(室温)状態での機器の入力と動作温度での入力差が25%を超える場合、
      温度係数は比較的大きいとみなせる。(5.12項)

  ・PTC電熱素子を持つ機器・電熱素子にスイッチモード電源装置を通して通電する電熱機器複合機器は、
   規定の入力に相当する電圧で行う。定格入力を超える入力を規定する場合、電圧に乗じる係数は入力に乗じる係数の
   平方根に等しい値とする。(5.13項)

  ・充電式電池を電源とする機器は、附属書Bに従って試験する。(5.17項)



機器の構造、操作などに関するもの

  ・ガスなど他のエネルギー源を持つ機器は、そのエネルギー消費の影響についても考慮すること。(5.4項)

  ・機器又は可動部は、通常使用時に起こり得るうちの最も不利となる位置・姿勢にすること。(5.5項)

  ・使用者が調整・変更できる制御器又は切換装置を持つ機器は、最も不利となる位置に調整する。(5.6項)
   工具を用いない限り調整部分に近付くことができず、かつ、使用者による変更を意図していない場合は、適用しない。
   適切な充塡材は、使用者による設定の変更を防止するものとみなせる。
   電圧切換スイッチ内蔵機器は、他で規定しない限り、試験に用いる定格電圧値に該当するスイッチ位置にする

  代替電熱素子・附属品が機器製造業者から入手できる場合、機器は最も不利な結果となる電熱素子・附属品を取付ける
  (5.9項)

  ・製造業者から供給されたままの機器で行う。
   単一機器の構造を持つ、複数ユニットで供給された機器は、取扱説明書(据付説明書)に従って組立てる。
   埋込形機器固定形機器は、取扱説明書(据付説明書)に従って設置する。(5.10項)

  ・可とうコードで電源供給する機器は、適切な可とうコードを機器に接続した状態で試験する




情報機器の標準試験条件 (J60950-1)

試験環境に関するもの

  ・電源電圧(1.4.5項)
    最も不利となる電源電圧を決める場合は、次の変数を考慮する。
     -多重定格電圧
     -定格電圧範囲の両端の電圧
     -定格電圧の許容差:機器を交流主電源に直接接続する場合、次のいずれかの場合を除き+6%、-10%とする
       定格電圧が単相230V・三相400Vの場合:+10%、-10%
       より広い許容差を製造業者が宣⾔している場合:宣⾔した値
       直流主電源への接続を意図した機器:製造業者による別途指定があるときを除き+20%、-15%
       (直流専⽤機器は極性による影響についても考慮する

  ・電源周波数(1.4.6項)
    最も不利となる電源周波数を決める場合は、定格周波数範囲内の何種類かの定格周波数(例:50Hz/60Hz)を
    考慮する
定格周波数の許容差は通常考える必要はない。


機器の構造、操作などに関するもの

  ・試験のための動作条件(1.4.4項)
    この規格に具体的な試験条件の規定がある場合及び試験結果に⼤きな影響を及ぼすことが明らかな場合を除き、
    次のパラメータについて製造業者の動作仕様の範囲内で最も不利となる条件を組み合わせた試験を⾏う
      電源電圧、電源周波数、動作温度、機器の据付場所及び可動部の位置、動作モード
      次に該当する操作者アクセスエリアにあるサーモスタット、調整器⼜はこれらに類するものの調整
       ・ ⼯具を⽤いないで調整できるもの
       ・ 操作者⽤として提供される鍵、⼯具のような⼿段を⽤いて調整できるもの


AV機器の標準試験条件 (IEC-J60065)

A.全般
   【適用規格】JIS C6065:2019 1.1.3項、4.2.6項、4.2.10項、4.2.10.1項、4.2.10.2項、附属書L:L4.2.14項、L4.2.15項
1.温帯気候の規定を適⽤する。

2.モーター駆動機器の負荷状態は、⼿による停⽌も含めて意図した使⽤時に起きる状態とする。

3.アンテナ位置制御装置
  (1)制御装置及び電源装置と組み合わせて、アンテナ位置制御装置を次の要領で試験する。
      ・⽚端から他端への連続 4回動作、その後、15分間の休⽌時間
      ・動作及び休⽌時間は、関連する試験に必要な回数を繰り返す。
      ・温度測定は次のとおりとする。
         ・4時間を限度に動作及び休⽌時間を温度が安定するまで繰り返す。
         ・最後に動作した後の15分間の休⽌時間は適⽤しない。
  (2)モータ駆動システムをもたない電源供給装置及び制御器で構成する衛星アンテナ位置調整装置は、
     電源供給装置に表⽰した出⼒定格に従った負荷をかけ、5分間オン及び15分間オフの周期で動作させる。

4.写真用エレクトロフラッシュ装置
 (1)定格電圧でエージングを次のとおり行う。
    ・主電源で動作する装置:フラッシュ無しで4時間スイッチをオンにする。
    ・電池(充電式電池)だけで電源を供給する場合、30秒間スイッチをオンにする。
     ⼗分放電した充電式電池を専⽤充電器で4時間接続する。
 (2)エージング直後に、できる限り速く、連続した多くのフラッシュを閃光させる。但し、最⼤40回とする。
    せん光タイミングは、次のとおりとする。
      ・表⽰器に従う
      ・表⽰器がない場合、フラッシュ⽤コンデンサの測定電圧が最⼤ピーク電圧の85%になったときとする。


B.試験環境
   【適用規格】JIS C6065:2019 4.1.3項、4.1.4項4.2.13項
1.特に規定のない限り、以下の試験環境で行う。
    周囲温度:15〜35 ℃
    相対湿度:最⼤75%

1.機器の設置状態は、特に規定のない限り、次のとおりとする。
 (1)通気⼝は塞がず、機器の使⽤⽬的に合うあらゆる位置(置き⽅)で⾏う。
 (2)製造業者が供給しない組⽴品を後から取付けることができる機器は、取扱説明書、特に機器の適正な換気に関する
    指⽰に従って試験を⾏う。
 (3)オープンベンチで試験を⾏う場合、機器は、「表:機器の各部の許容温度上昇」にも適合すること

2.温度測定は、次の状態で行う。
 (1)取扱説明書に基づく位置に機器を置いて試験を⾏う。
 (2)取扱説明書に指⽰がない場合、機器を⽊製試験箱に⼊れ、試験箱前⾯の開⼝部の縁から5cm奥に置き、試験箱内で
    機器上⾯及び両側⾯を1cm空け、機器の背⾯を5cm空けた状態で試験を⾏う。

3.着脱できる脚⼜はスタンドを随意に⽤いることができる機器は、取り付けた状態か⼜は取り付けない状態で試験する



C.電源設定
   
【適用規格】JIS C6065:2019 4.2.2項、4.2.4項、4.2.7項、4.2.8項、4.2.11項、4.2.12項
以下の条件の最も不利な組み合わせを通常動作状態とする
1.電源電圧
 (1)電池駆動機器を除き、定格電圧の0.9倍⼜は1.1倍の供給電圧に接続する。
 (2)電池駆動機器は、満充電した充電電池⼜は新品の乾電池を⽤いる。
 (3)電圧切換器の調整が不要な定格電圧範囲をもつ機器は、次の通り尾する。
     ・定格電圧範囲の下限の0.9倍⼜は上限の1.1倍の供給電圧に接続する。
     ・さらに、表⽰した定格電圧範囲内のあらゆる公称電圧に接続する。
 (4)機器に表⽰したあらゆる定格周波数を⽤いる。
 (5)機器が⽤いるように設計した全ての種類の電源を⽤いる。
 (6)機器の構造上防⽌していない場合、直流機器は、逆極性を含むあらゆる極性を⽤いる。

2.接地端子及び保護接地端子の接続
 (1)単相電源は、試験で⽤いる分離電源のいずれの極に接続してもよい。
 (2)単相以外の電源は、試験で⽤いる分離電源の中性線⼜はいずれの極に接続してもよい。

3.他の機器に電源を供給する機器は、定格電⼒を供給する負荷を接続した場合⼜は接続しない場合とする。

4.通常、機器の中で⽤いる電源装置は、取扱説明書に基づいて機器に組み込んで試験する。

5.指定する専⽤電源装置からだけ電源供給を受ける機器は、その専⽤電源装置と組み合わせて試験する。
 (1)専⽤電源装置への供給電圧は、4.2.2項の規定に基づき決定する。
 (2)専⽤電源装置に出⼒電圧設定装置がある場合、試験する機器の定格電圧に調節する。

6.⼀般⽤電源装置から電源供給を受ける機器は、次のとおりとする。
 (1)その定格電圧に対応する「表:試験⽤電源」に規定する⼗分な電流容量をもつ試験⽤電源で試験を⾏う。
 (2)「表:試験⽤電源」に規定する公称無負荷電圧値には、4.2.2項に規定する下限及び上限の条件を適⽤する。


D.コントロール設定
   【適用規格】JIS C6065:2019 4.2.3項
1.⼿で調整するために使⽤者アクセスできる制御器は、リモートコントロールを含み、あらゆる位置とする
2.ただし、ボリュームコントロール、トーンコントロール及び14.9項規定に適合する電圧切換器を除く。
3.コネクタ等で抜差しできるケーブル付きリモートコントロール装置は、接続した場合⼜は接続しない場合のいずれかとする。
4.⼿で開けることができるレーザシステム⽤のカバーは、完全に開けた状態、⼀部分開けた状態⼜は閉じたままの状態の
  いずれかとする


E.オーディオ増幅器の設定
   【適用規格】JIS C6065:2019 4.2.5項
1.トーンコントロールを中間の位置にして、4.1.6項規定の標準信号を⽤いて定格負荷インピーダンスにノンクリップ出⼒の
  1/8が取り出せるように機器を動作させる。
  (1)標準信号でノンクリップ出⼒が得られない場合、最⼤限取り出せる出⼒の1/8で動作させる。
  (2)増幅器の機能に悪影響がない場合、1kHzの正弦波を各チャンネルに加えてもよい。
     適⽤可能な場合、1kHz以外であっても、この機器の関連する部分についての上下それぞれマイナス3dBの応答点の
     幾何平均に対応する周波数を⽤いてもよい。
     正弦波で⾏った測定結果がこの規格に適合しない場合、ピンクノイズで測定する。
  (3)ある部分⼜は出⼒端⼦の接点が危険な活電部かどうかを、9.1.1.2項及び11.1項の規定に従って判断する場合、
     機器を1kHz⼜は適⽤できる場合は、その機器の増幅器の該当する部分の上下それぞれマイナス3dBの応答点の
     幾何平均に対応する周波数の正弦波⼊⼒試験信号を⽤い、定格負荷インピーダンスにノンクリップ出⼒を
     供給するのに⼗分な振幅で機器を動作させる。
     開路出⼒電圧は、負荷を外した後に決定する。

2.出⼒回路に最も厳しい定格負荷インピーダンスを接続する。

3.調⾳発⽣器をもつオルガン、その他これに類する楽器であって、ペダルをもつものは、次のとおりとする。
  (1)任意のペダル2個を⽤い、かつ、⼿で弾く鍵盤10鍵を同時に⽤いる。
     この場合、⽤いることによって出⼒が増加する⾳栓、タブなどは全て動作させた状態とする。
  (2)連続した調⾳を発⽣しない電⼦楽器内に⽤いるオーディオ増幅器の場合、信号⼊⼒端⼦⼜はこのオーディオ増幅器の
     ⼊⼒段の適切な箇所に、4.1.6項に規定する標準信号を加える。

4.その増幅器の意図した機能が⼆つのチャンネル間の位相差による場合、⼆つのチャンネルに加える信号の位相差を90°にする

5.各チャンネルを独⽴して動作させることができるマルチチャンネル増幅器を含む機器の場合は、次のとおりとする。
  (1)各チャンネルは定格負荷インピーダンスにノンクリップ出⼒の1/8が取り出せるように出⼒レベルを調整し、
     機器を動作させる
  (2)幾つかのチャンネルが独⽴して動作させることができない場合は、調整できないチャンネルは定格負荷インピーダンス
     によって動作させ、調整可能なチャンネルを定格負荷インピーダンスにノンクリップ出⼒の1/8 が取り出せるように
     出⼒レベルを調整し、機器を動作させる。

  



電気用品安全法

家庭用品品質表示法

消費生活用製品安全法

総務省電波利用ホームページ

経産省 リサイクル関連
トップページ > 豆知識 > 技術基準情報 > 標準試験条件

PSEの手引き


トップページ法律(条文)電気用品の分類技術基準豆知識用語集その他/お問合せ