技術基準:J60335-1(家庭用機器) 機能・仕様関連
家庭用機器 
(IEC-J60335-1)

1.表示・説明書
2.構造
3.電気性能
4.異常試験、その他
5.EMC

情報機器
(IEC-J60950-1)

1.表示・説明書
2.構造
3.電気性能
4.異常試験、その他
5.EMC

AV機器
(IEC-J60065)

1.表示・説明書

2.構造
3.電気性能
4.異常試験、その他
5.EMC
Copy Right KOUKUSU Quality & Analysis All Right Reserved

はじめに

  ここでは、次の3つの機能・仕様に関連する要求事項について説明します。
     1.圧力による危険の保護
     2.非自己復帰形制御装置
     3.遠隔操作の制限

圧力による危険の保護

  【適用規則】H27版:22.7項   3版H14:22.7項

1.対象機器
    液体又は気体を入れる機器、水蒸気発生装置をもつ機器

2.要求事項
    通常使用時に、過度の圧力による危険に対する十分な安全措置を備えていること。




非自己復帰形制御装置

  【適用規則】H27版:22.10項   3版H14:22.10項

1.対象機器
    非自己復帰形温度過昇防止装置が要求され、電圧維持下の非自己復帰形温度過昇防止装置を用いる機器

2.要求事項
  (1)自動開閉装置動作で、電圧維持下の非自己復帰形温度過昇防止装置が復帰しないこと。
  (2)非自己復帰形感熱式モータ保護装置は、電圧維持されていない限り、トリップフリー動作であること
  (3)非自己復帰形制御装置の復帰ボタンは、偶発的に復帰できないこと。
      ・復帰しても危険が生じる恐れが無い場合は除く。
      ・機器を壁に押し付け復帰させる機器後方に取付けた復帰ボタンは不適合とみなす




遠隔操作の制限


  【適用規則】H27版:22.49項、22.50項、22.51項    3版H14:規定なし

1.対象機器
    遠隔操作機構を持つ機器

2.要求事項
  (1)運転持続時間を設定しない限り、遠隔操作できないこと。但し、サイクルの最後で自動的に電源を遮断する場合、
     危険を生じさせることなく連続的に運転することができる場合を除く。
     (例)連続時間設定が必要な機器            : オーブン
        サイクルの最後で自動的に電源を遮断する機器   : 洗濯機、食器洗機
        危険を生じさせることなしに連続的に運転できる機器: ファン、貯湯式温水器、エアコンディショナ、冷蔵庫
  (2)組込制御装置がある場合、遠隔操作で操作される制御装置よりも優先されること
  (3)遠隔操作モードで操作される前に、次のことを満足すること。
     但し、連続的、自動的、遠隔的に操作できる機器は危険を生じない限り適用しない。
       (適用除外機器例) ファン、貯湯式温水器、エアコンディショナ、冷蔵庫、
                 日よけ・窓・ドア・門・ロールシャッタ用の駆動装置
      ・機器上の制御装置を手作業で遠隔操作の設定に調節できなければならない。
      ・機器上に、遠隔操作用に調節されていることを示す視覚的表示があること。




電気用品安全法

家庭用品品質表示法

消費生活用製品安全法

総務省電波利用ホームページ

経産省 リサイクル関連
トップページ > 技術基準 > IEC-J60335-1 (家庭用機器) 電気性能・機能に関連する要求事項 > 機能・仕様関連要求事項

PSEの手引き


トップページ法律(条文)電気用品の分類技術基準豆知識用語集その他/お問合せ