ロゴ

トップページリンクボタン法律(条文)へのリンク電気用品の分類と解釈へのリンクボタン技術基準へのリンクボタン豆知識へのリンクボタン用語集へのリンクボタンその他お問い合わせへのリンクボタン

 トップページ > 技術基準トップページ

日本語/中国語

PSE技術基準の体系

PSEの技術基準とは

   PSEには大きく2つの技術基準があります。

    (1)日本独自の技術基準

    (2)国際規格(IEC規格)に準拠し、日本独自の考え方を追加した技術基準

       一般的にはIEC-J規格と言われています。

   2014年1月1日施行の技術基準の改正前まで、それぞれ省令第一項基準、省令第二項基準と呼ばれて

   いました。

 

   2014年1月1日以降は、新しい技術基準の体系として、次のようになっています。

   別表第一~別表第十一が日本独自の技術基準で、別表第十二が国際規格に準拠した技術基準と
   なります

表3-1 PSE技術基準体系リスト

別表 (通達) 対象電気用品
別表第一 電線および電気温床線
別表第二 電線管、フロアダクト及び線樋並びにこれらの付属品
別表第三 ヒューズ
別表第四 配線器具
別表第五 電流制限器
別表第六 小型単相変圧器、電圧調整器及び放電灯用安定器
別表第七 令別表第二第六号に掲げる小型交流電動機
別表第八 令別表第一第六号から第九号まで及び別表第二第七号から第十一号までに掲げる行為流用電気機械器具並びに携帯発電機
別表第九 リチウムイオン蓄電池
別表第十 雑音の強さ
別表第十一 電気用品に使用される絶縁物の使用温度の上限値
別表第十二 国際規格に準拠した基準

PSE技術基準の使い方

1.日本独自の技術基準を使用する場合 (別表第一~別表第十一を適用)

   電気用品は、電気用品安全法施行令別表第一(特定電気用品)及び別表第二(特定電気用品以外の電気    用品)で明記されています。

   電気用品がこの分類のどこに所属しているかによって該当する技術基準が異なります。

 

   該当する別表**の技術基準を満足するだけではなく、その中で呼び出されている別の基準(別表)

   を呼び出して適用を要求する場合もあります。

     (例)電気用品名:テレビジョン受信機の場合

        テレビジョン受信機は、

           令別表第二:特定電気用品以外の電気用品

           第十号  :電子応用機械器具

        に記載されているため、適用する技術基準は、別表第八となります。

        別表第八文中に、必要に応じて別表第四の試験方法を呼び出す場合があります。

2.国際規格に準拠した技術基準を適用する場合  (別表第十二を適用)

   別表第十二には、技術基準の詳細内容は一切記載されていません。別表第十二に記載されているのは

   国際規格(IEC規格)で制定されている様々な製品の安全規格(技術基準)の日本準拠規格(IEC-J規格)

   及び関連するJIS規格の一覧リストのみとなります。

 

   別表第十二を適用する場合は、まずその電気用品が適用すべき技術基準を別表第十二の技術基準

   (IEC-J規格)リストから探し出す必要があります。

     (例)電気用品名:テレビジョン受信機の場合

        テレビジョン受信機は、

           IEC-J60065 オーディオ・ビデオ及び類似の電子機器

        を適用します。

        但し、IEC-J60065には雑音の強さ等の基準がありませんので、製品によっては、同時に

        次の基準も適用する必要が出てきます。

           IEC-J55013 音声及びテレビジョン放送受信機並びに関連機器の無線妨害波特性

                  の許容値及び測定法

           IEC-J1000  遠隔操作機構を有するものに対する要求事項

           IEC-J2000  経年劣化による注意喚起表示に対する要求事項

           IEC-J3000  事故未然防止に係る安全基準

3.注意事項

   日本独自の基準と国際規格準拠基準(IEC-J規格)は、独立して使用(適用)しますので、同時に1つの

   製品に適用はできません。

     (例)次のような使い方はできません。

          絶縁性能(空間距離など)は別表第十二を適用し、

          外郭の開口等の基準は別表第八を適用する

技術基準評価の効率化

   本webページでは、技術基準を効率的に評価・確認するために、次のように分類して要点をまとめて

   います。

     ・表示及び説明書に関する技術基準

     ・構造に関する技術基準

     ・電気性能に関する技術基準

     ・異常試験に関する技術基準

     ・EMCに関する技術基準

   詳細の評価項目については、左サイドバーのメニュー項目をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CopyRight