ロゴ

法律(条文)へのリンク電気用品の分類と解釈へのリンクボタン技術基準へのリンクボタン豆知識へのリンクボタン用語集へのリンクボタンその他お問い合わせへのリンクボタン

 トップページ > 法律(条文)トップ  > 第52条 (適合性審査についての申請及び経済産業大臣の命令)

日本語/中国語

電気用品安全法 第52条
適合性審査についての申請及び経済産業大臣の命令

ポイント

   適合性検査の結果に疑義がある場合は、届出事業者は再試験の申請を行うことができます。

   但し、経済産業大臣が認めるときに限ります

  届出事業者は、その製造し、又は輸入する特定電気用品について、国内登録検査機関が適合性検査を

  行わない場合又は国内登録検査機関の適合性検査の結果に異議のある場合は、経済産業大臣に対し、

  国内登録検査機関が適合性検査を行うこと又は改めて適合性検査を行うことを命ずべきことを申請する

  ことができる。

 

2 経済産業大臣は、前項の申請があつた場合において、当該申請に係る国内登録検査機関が第三十三条

  規定に違反していると認めるときは、当該申請に係る国内登録検査機関に対し、第四十条の二の規定に

  よる命令をしなければならない。

 

3 経済産業大臣は、前項の場合において、第四十条の二の規定による命令をし、又は命令をしないことの

  決定をしたときは、遅滞なく、当該申請をした届出事業者に通知しなければならない。

 

4 前三項の規定は、外国登録検査機関に準用する。この場合において、第一項中「命ずべき」とあるのは

  「請求すべき」と、第二項中「第三十三条の規定」とあるのは「第四十二条の三第一項の規定又は

  同条第二項において準用する第三十三条第二項の規定」と、同項及び前項中「第四十条の二」とある

  のは「第四十二条の三第二項において準用する第四十条の二」と、「命令」とあるのは「請求」と

  読み替えるものとする。

 

前(第51条:不服申立ての手続きにおける意見の徴収)へ 次(第53条:手数料)へ

 

 

 

 

ktass

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CopyRight