ロゴ

トップページリンクボタン法律(条文)へのリンク電気用品の分類と解釈へのリンクボタン技術基準へのリンクボタン豆知識へのリンクボタン用語集へのリンクボタンその他お問い合わせへのリンクボタン

 トップページ > 豆知識トップページ > 有限電源の設計要求事項(情報機器)

日本語/中国語

有限電源の設計要求事項(情報機器)

はじめに

   IEC60950-1(H26):JIS C6950-1:2012で規定されている有限電の要求事項は試験による確認と

   いうよりも、設計仕様の確認に近い内容となっていますので、

   技術基準のページでは無く、豆知識のページに掲載することしました。

要求事項

1.一般要求事項

  以下のいずれかに適合すること。

  (1)電源固有の特性によって、出力を表2Bに適合するように制限すること。

 

  (2)線形又は非線形インピーダンスによって表2Bに適合するように出力を制限すること。

     正の温度係数をもったデバイス(PTC デバイス)を使用する場合は、JIS C9703-1の箇条15、

     17、J.15及びJ.17に規定する試験に合格すること。

 

  (3)レギュレーティング回路内で単一故障(回路の開放又は短絡)の模擬の有無に係らず、

     レギュレーティング回路が表2Bに適合するように出力を制限すること。

 

  (4)過電流保護デバイスを使用し、かつ、出力を表2Cに適合する値に制限すること。

     その保護デバイスは、ヒューズであるか又は調節不可能で自動復帰しない電気機械式デバイスで

     あること。

表2B 本質的に出力を制限する電源の限度値

出力電圧 (Uoc)V 出力電流(Isc) A 皮相電力(S) VA
交流 直流
≦ 30 ≦ 30 ≦ 8.0

≦ 100

30 < Uoc ≦ 60 30 < Uoc ≦ 60 ≦ 150/Uoc ≦ 100

    1) Uoc:負荷回路全てを切り離した状態で定格電圧の指定方法に従って測定した出力電圧。

         電圧は実質上、正弦波交流及びリップル無しの直流とします。

         非正弦波の交流及びリップルのピーク値が10%よりも大きい直流の場合、ピーク電圧は

         42.4 V を超えてはならない。
    2) Isc:短絡を含むあらゆる非容量性負荷を用いて測定した最大出力電流。
    3) S:あらゆる非容量性負荷を用いて測定した最大出力。

    4)電子回路又は正の温度係数をもつデバイスによって保護している場合、Isc及びSは負荷接続

     5秒後に測定し、その他の場合は60秒後に測定する

 

表2C 過電流保護デバイスを備えた電源の限度値

出力電圧(Uoc)V

出力電流
(Isc)A
皮相電力
(S) VA
過電流保護デバイスの定格電流値 A
交流 直流
≦ 20 ≦ 20 ≦ 1000/Uoc ≦ 250 ≦ 5.0
20 < Uoc ≦ 30 20 < Uoc ≦ 30 ≦ 100Uoc
30 < Uoc ≦ 60 ≦ 100Uoc

   1) Uoc:負荷回路全てを切り離した状態で定格電圧の指定方法に従って測定した出力電圧。

       電圧は、実質上正弦波といえる交流及びリップル無しの直流とします。

       非正弦波の交流及びリップルのピーク値が10%よりも大きい直流の場合、ピーク電圧は

       42.4 V を超えてはならない。

   2) Isc:短絡を含むあらゆる非容量性負荷を用い、負荷を接続してから60秒後に測定した最大出力

       電流

   3) S:あらゆる非容量性負荷を用い、負荷を接続してから60秒後に測定した最大出力。

   4)測定中の回路では電流制限インピーダンスはそのまま残置するが、過電流保護デバイスはバイパス

    する。

   5)過電流保護デバイスの定格電流は、表に記載した定格電流値の210%に等しい電流によって120秒

    以内に回路を遮断するヒューズ及びサーキットブレーカに基づいて決める。

 

   *1:表2B2Cに従って、出力電圧Uoc及び出力電流Iscを測定する場合、電池は十分に充電してい

      なければならない。

   *2:表2B2Cの非容量性負荷は、Isc又は皮相電力Sが最大測定値になるように調整する。

      Isc又はSの最大測定値の下で、レギュレーティング回路内で模擬した故障を適用する

 

2.交流主電源によって動作する有限電源又は負荷に供給しながら交流主電源によって充電を行う電池

  駆動の有限電源は、絶縁変圧器が組込まれていること。

該当技術基準

   IEC60950-1(H26):JIS C6950-1:2012  2.5項

 

 

 

 

ktass

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CopyRight