ロゴ

トップページリンクボタン法律(条文)へのリンク電気用品の分類と解釈へのリンクボタン技術基準へのリンクボタン豆知識へのリンクボタン用語集へのリンクボタンその他お問い合わせへのリンクボタン

 トップページ > 豆知識トップページ > 制限電流回路の設計要求事項(情報機器)

日本語/中国語

制限電流回路の設計要求事項(情報機器)

はじめに

   IEC60950-1(H26):JIS C6950-1:2012では、IEC60335-1と少し異なり、SELV回路TNV回路

   制限電流回路について、細かく規定されています。

 

   これらの要求事項は試験による確認というよりも、設計仕様の確認に近い内容となっていますので、

   技術基準のページでは無く、豆知識のページに掲載することしました。

 

   ここでは、制限電流回路について、説明します。

要求事項

1.限度値

  (1)1kHz以下の周波数に関して、制限電流回路の中の任意の2点間又はその中の1点~接地端子間に

     接続した無誘導性の2000 Ω±10%の抵抗器を通して流れる定常電流は、ピーク0.7mA又は直流

     2mAを超えないこと。

 

  (2)1kHzを超える周波数に関して、キロヘルツ(kHz)で表した周波数の値に0.7mAを乗じた値、

     又はピーク70mAのいずれか小さい値を超えないこと。

 

  (3)代替法

     a)上記 2000 Ω±10 %の無誘導性抵抗器の代わりに附属書Dの測定器を用いてもよい。

     b)図D.1の測定器を用いる場合

        電圧U2を測定し、測定した電圧U2を500で除して電流を求める。

        計算値はピーク0.7mAを超えないこと。

     c)制限電流回路の片側を保護接地に導電的に接続している場合

        図D.1の測定器のB点は接地側に接続することが望ましい。

        図D.2の測定器を用いる場合は、電流の測定値はピーク0.7mAを超えないこと。

     d)ピーク又は直流450V以下の部分に関して、回路静電容量は0.1µFを超えないこと。

       ピーク又は直流450Vを超えるが、ピーク又は直流15kV以下の部分は、回路静電容量は

       45/UnFを超えてはならない。ここで はキロボルト(kV)で表す

     e)ピーク又は直流 15 kV を超える部分は、回路静電容量は700/U2 nF以下であること。

       ここでUはキロボルト(kV)で表す。

2.他の回路への接続

  (1)他の回路から電源の供給を受け、又は他の回路に接続する場合は、以下の2条件を満足すること

     a)通常動作状態で、上記1項の限度値を満足すること。

     b)制限電流回路内及び接続される回路のいかなるコンポーネント又は絶縁の単一故障時に、

       制限電流回路が上記1項の限度値を満足すること。

該当技術基準

   IEC60950-1(H26):JIS C6950-1:2012  2.4項

 

 

 

 

ktass

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CopyRight