ロゴ

トップページリンクボタン法律(条文)へのリンク電気用品の分類と解釈へのリンクボタン技術基準へのリンクボタン豆知識へのリンクボタン用語集へのリンクボタンその他お問い合わせへのリンクボタン

 トップページ > 豆知識トップページ > 施行規則別表第三 検査の方式

日本語/中国語

施行規則別表第三 検査の方式

はじめに

   電気用品安全法施行規則別表第三で電気用品に必要な検査の概要(内容)について規定されています

   明確に規定されている検査項目も有りますが、抽象的な表現のために、製造事業者自身で判断し、

   適切な検査を行う必要があります。

特定電気用品について行う検査

1.製造工程において行う検査

  (1)当該特定電気用品の製造の方法に応じ、当該特定電気用品を技術基準に適合させるために適当と

     認められる方法で、常時、当該特定電気用品の構造、材質及び性能について行うこと。

 

 (備考) 材料又は部品に係る検査は、材料又は部品の購入に際して行う受入検査で当該検査と同等以上

      と認められるものをもつて代えることができる。

2.完成品について行う検査

  特定電気用品の完成品については、次表に規定されている検査項目を行う必要があります。

  また、それぞれの検査方法については、製品仕様を考慮した上で、技術基準に照らし合わせ適切な方法

  で行う必要があります。

 

表4-20 特定電気用品の完成品の検査

電気用品 検査項目
外観 絶縁
耐力
通電 その他
ヒューズ      
配線用遮断器 渦電流引外し特性
漏電遮断機 動作時間の種類が高速型のもの

過電流引外し特性

漏電引外し特性

その他の物 過電流引外し特性
アンペア制用電流制限器 動作特性
令別表第1第6号から第10号までに掲げる機械器具であつて、温度過昇防止装置として用いる温度により動作する自動スイッチを有するもの 温度過昇防止装置として用いる温度により動作する自動スイッチの動作特性
その他の特定電気用品  

  注意:容器を有する温度ヒューズで、その容器が充電されない構造のものを除きます

3.試料について行う検査

  (1)特定電気用品の材料、部品、半完成品又は完成品から任意に抽出した試料について行う検査は、

     当該特定電気用品の主要な材料若しくは部品、設計、製造方法又は製造設備を変更した場合及び

     当該特定電気用品の材料、部品、半完成品又は完成品を技術基準に適合させるため必要と認めら

     れる場合に、技術基準に適合する方法により行うこと。

 

  (備考) 材料又は部品に係る検査は、材料又は部品の購入に際して行う受入検査で当該検査と同等

       以上と認められるものをもつて代えることができる

特定電気用品以外の電気用品について行う検査

  特定電気用品以外の電気用品については、完成品で次表に規定されている検査を行う必要があります。

  また、それぞれの検査方法については、製品仕様を考慮した上で、技術基準に照らし合わせ適切な方法

  で行う必要があります。

 

表4-21 特定電気用品以外の電気用品の検査

電気用品 検査項目
外観 絶縁
耐力
通電 その他

電線管類及びその付属品

ケーブル配線用スイッチボックス

ヒューズ

白熱電球

蛍光ランプ

装飾用電灯器具

     

ベルトコンベア

理髪いす

   
リチウムイオン蓄電池     出力電圧
上記以外の特定電気用品以外の電気用品  

 

 

 

 

ktass

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CopyRight