ロゴ

トップページリンクボタン法律(条文)へのリンク電気用品の分類と解釈へのリンクボタン技術基準へのリンクボタン豆知識へのリンクボタン用語集へのリンクボタンその他お問い合わせへのリンクボタン

 トップページ > 電気用品の分類と範囲の解釈トップページ  > 特定電気用品の範囲と解釈 > 接続器およびその付属品

日本語/中国語

特定電気用品の範囲と解釈
「接続器及びその付属品」

はじめに

   ここでは、特定電気用品リスト【配線器具】「接続器及びその付属品」で、補足説明以外の解釈や

   対象・非対象事例がある電気用品のみをリストアップし、追加の説明をしています。

   特定電気用品リストに記載の補足説明とこのページ及びリンク資料の説明を十分にお読みください。

 

   また、一部の電気用品に共通の解釈、Q&A集、型式区分の情報及び特定電気用品以外の電気用品

   リストについては、以下をクリックしてください。

  電気用品の範囲の共通の解釈 電気用品安全法Q&Aリスト 型式区分リスト 特定電気用品以外の電気用品リスト

「接続器及びその付属品」の 範囲と解釈、対象・非対象事例

1.共通の解釈

   「接続器及びその付属品」の共通の解釈はありません。

2.個別解釈

   「接続器及びその付属品」の個別の解釈及び対象・非対象事例は、以下のとおりです。

 

表2-7 特定電気用品「接続器及びその付属品」の範囲と解釈説明

電気用品名 電気用品の範囲等の解釈 対象・非対象事例

接続器およびその付属品

3.3(1)

「極数が5以下のものに限り」の「極数」とは、通電する極(接地極を含む。)の数をいう。

但し、「蛍光灯用ソケット」、「その他のソケット」及び「ジョイントボックス」以外の単極のものは対象外として取り扱う。 

 

3.3(4)

接続器以外の電気用品に付帯する接続器(別表第四に規定する寸法及び構造のものに限る。)で、外部との接続機構として用いるものを付帯する電気用品の電気用品名は、次の通り取り扱う。

この場合、当該各接続器に係る適合性検査の要否は

「機械器具に組み込まれる特殊な構造のものであるか否かの解釈を優先する。
なお、電線及びヒューズは、施行令上特殊な構造に係る除外規定は存在しない。
 イ 電線、ヒューズ及び配線器具以外の電気用品に

   当該接続器を付帯する場合は、当該接続器が

   付帯される電気用品の電気用品名とする。
 ロ 配線器具に接続器を付帯する場合は、当該接続

   器以外の機構に係る電気用品名とする。
 ハ 接続器に電線又はヒューズが取付けられる場合

   は当該接続器の電気用品名とする。

 

3.3(10)

サーミスターの接点を内蔵するアダプターで、突入電流がサーミスターで制限され、定常状態ではサーミスターの発熱によりサーミスター回路が短絡する構造である場合は、「アダプター」と解釈し、対象として取り扱う。

 

3.3(11)

ねじ込み式の「アダプター」に白熱電球用カバーを取り付けたものは、「その他の白熱電灯器具」と解釈し対象として取り扱う。

 

3.3(12)

刃受けが有る接続器に器具用差込みプラグ接続用の

スタッドが付加され、内部に中間口出し線(中間口出し線用端子を含む。)が付加されるものは「アダプター」と解釈し、対象として取り扱う。

 

3.3(13)

器体に取付けダイレクトプラグイン方式の入力プラグとして使用する刃受けが無い着脱式アタッチメントは本体と一体不可分で使用されるものと解釈し全体として本体に該当する電気用品として取り扱う

 

3.3(14)

「コードリール」とは、電源電線を収納する巻取り機構が有り、当該機構又は電源電線の先端部に接続器が付属されるものをいう。

プラグアタッチメント

 

足下灯

差込み接続器

3.3(5)

電気用品技術基準別表第四に規定する寸法及び構造の接続機構を有する接続器に雑音防止機能、避雷機能等の電気回路の制御・防護を行うための機能(電気用品に係る機能以外のものに限る。)のみが付加されるときは、それぞれの構造に応じ、「その他の差込み接続器」又は「その他のねじ込み接続器」と解釈し、対象として取り扱う。

 

3.3(6)

「コンセント」、「マルチタップ」、「コードコネクターボディ」及び「器具用差込みプラグ」の定義は、それぞれ次のとおりとする。
 イ「コンセント」

   差込み接続器のプラグ受けの一種で刃受け口等

   が有り壁、床、天井、家具等に固定して用いる

   ための機構が有るもの
 ロ「マルチタップ」

   差込み接続器のプラグ受けの一種で、電線接続

   用端子又は電源接続用差込み刃、刃受け口(2口

   以上)等を有し、壁、床、天井、家具等に固定し

   て用いるための機構(仮止め用のものを除く)

   が無いもの

 ハ「コードコネクターボディ」

   差込み接続器のプラグ受けの一種で、電線接続

   用端子1の刃受け口等が有りし、刃受け口の形

   状が平栓刃用のもの(平栓刃を曲げた引掛型の

   ものを含む)で主にコードの延長接続を目的と

   し、壁、床、天井、家具等に固定して用いるた

   めの機構が無いもの
 ニ「器具用差込みプラグ」

   差込み接続器の丸ピン(スタッド)受けの一種

   で、電線接続用端子、1の刃受け口等が有り、

   刃受け口の形状が丸ピン用のもので、主に電気

   機械器具のピン(スタッド)に電源コードを

   接続することを目的とし、壁、床、天井、家具

   等に固定して用いるための機構が無いもの

 

3.3(7)

通電表示付きのコンセントは、「コンセント」と解釈し対象として取り扱う。

 

3.3(8)

複数のスイッチ及びコンセントが一体成型されたコンセントボックスは、「マルチタップ」(スイッチ付き)と解釈し、対象として取り扱う。

 

3.3(9)

器具用差込みプラグにサーモスタットが組み込まれ、電熱器具に共通に用いられるものは、コントローラーと解釈し単品としては対象外として取り扱う。

 

3.3(15)

「延長コードセット」とは、電源電線(コードに限る)の巻取り機構が無いもので、主にコードの延長接続を目的とし、電源電線に汎用性のある接続器(「マルチタップ」、「コードコネクターボディ」又は「差込みプラグ」に限る)が付属されるものをいう。

なお、「延長コードセット」と同じ用途で、その接続器に雑音防止機能、避雷機能が付加されるものは、当該接続器を「マルチタップ」、「コードコネクターボディ」又は「差込みプラグ」と解釈し、対象として取り扱う

マルチタップケーブル

 

差込みプラグ

 

こたつコードの扱いについて

 

マルチタップ

 

イオン発生機能付マルチタップ

 

殺菌ランプ用ソケット・コード

 

連動型テーブルタップ

 

サーモコントローラー付き接続器

 

絶縁監視装置

 

電飾コントローラー

 

オーディオ機器用安定化電源装置

 

遅延機能付差込み接続器

 

電気自動車用の普通充電ケーブルセット

 

スマートコンセント(消費電力モニター機能のみ)

 

器具用差込みプラグ付き延長コードセット

 

遠隔電源リセット装置

 

通信端末用雷保護タップ

 

RFID位置検知プラグ付コードセット

 

ウォーターベッド用ヒーター及びコントローラー

ねじ込み接続器

3.3(5)

電気用品技術基準別表第四に規定する寸法及び構造の接続機構を有する接続器に雑音防止機能、避雷機能等の電気回路の制御・防護を行うための機能(電気用品に係る機能以外のものに限る。)のみが付加されるときは、それぞれの構造に応じ、「その他の差込み接続器」又は「その他のねじ込み接続器」と解釈し、対象として取り扱う。

 
ソケット

3.3(3)

「電灯器具以外の機械器具に組み込まれる特殊な構造のもの」の「電灯器具」とは、「電気スタンド」、「庭園灯器具」、「その他の白熱電灯器具」、「その他の放電灯器具」、「エル・イー・ディー・電灯器具」及び「広告灯」等をいう。

 

3.3(17)

スイッチ付きランプレセプタクルで、スイッチ及びランプレセプタクルそれぞれに端子が有るものは、スイッチ、「ランプレセプタクル」 それぞれの単品と解釈し、それぞれを対象として取り扱う。

 

3.3(18)

安定抵抗を内蔵する「ソケット」又は「ランプレセプタクル」は、それぞれの電気用品名をもって対象として取り扱う。

 

3.3(19)

事務用複写機に組み込まれる回転式蛍光灯用ソケットは「蛍光灯用ソケット」と解釈し、対象として取り扱う

 
ローゼット

3.3(16)

ローゼットで引掛け型の刃受け及び刃により接続されている構造のものが、分離されてそれぞれが単品として販売されるときは、それぞれ「コンセント」及び「差込みプラグ」と解釈し、対象として取り扱う。

 
ジョイントボックス

3.3(20)

「ジョイントボックス」とは、器体の内部にケーブル接続用の端子金具又は接続板を有し、電線を直接接続するもので一般配線用のものをいう。

 

 

 

 

 

ktass